たまに逆援助サイトで楽しくエッチをする

bosyuu wanpi

私は一応彼氏はいるのですが、彼氏には内緒で逆援助サイトを利用しているのです。

彼氏とのエッチに対して、別に不満があるわけではありません。

ただどうしても自分がやりたいエッチを、彼氏にお願いすることは難しいので、こうして逆援助サイトで知り合った男性に自分が希望するエッチをお願いするのです。

もちろん逆援助なのでお金は私が支払うことになりますが、だからこそ私の自由にエッチをすることができるのです。

こちらがお金を払っている立場ですから、私の言うことを男性はしっかりと聞いてくれます。

時にはマニアックなプレイや、普通のエッチではできないようなプレイを男性にお願いすることもあります。

でも男性は嫌な顔1つせずに私の希望に応じてくれるのです。

これは逆援助だからこそできることなのです。

無償でのエッチだと、男性側の希望も聞かないといけませんし、私の希望も全ては聞いてもらえないと思います。

そういう意味では女性でも逆援助をやる価値は大いにあると思いますし、援助というのは必ずしも男性のためだけにあるものではないと思うのです。

これからもお金と時間に余裕があれば、逆援助の方をちょくちょく続けていきたいと思います。

不当請求かどうかを確認する事も重要

bosyuu jyouhanshin
よく架空請求に関する話題がありますが、似たようなものには不当請求というものもあります。

どちらも似たイメージかもしれませんが、架空請求というのはあくまでも架空のものなのです。

利用したことも無いのに、利用したことにして料金を請求しようとするものです。

それに対して不当請求というものは、実際に利用した場合なのです。

ただ、利用したといっても、料金に関して知らされていなかったり、正当な請求では無いことを指します。

架空請求の場合とは違って、実際に利用している以上、料金を支払わなければならないと思うかもしれません。

ですが、料金に関する明記が無かったのであれば、当然それは不当なものですから、支払う必要が無いのです。

特に無料で登録できると記載してあれば、登録しただけで料金が発生することは無いのです。

料金が必要になる場合には、その条件などもきちんと表示している必要があるのです。

どこにも表示していないのであれば、それは料金の根拠にならないのですから、不当請求という事になります。

他にも支払いが遅れたとして、遅延した分を請求してくることもあるのです。

この場合には年14.6%という上限が決められているので、それを超えていないかを確認しましょう。
bosyuu tanima確かに支払いの遅延は問題なのですが、そこに付け込んでより多くの金額を請求しようとする場合があるのです。

実際の請求金額とこの利率を比べてみて、もし多すぎる請求が来ている場合には、不当請求という事になるのです。

逆援助交際などをしていると、浮かれて騙されやすい状況になるものです。

もしもの時には誰かに相談することも考えましょう。

サブコンテンツ

最近の投稿

このページの先頭へ